reverse_cbc
愛知県名古屋市にあるテレビ局「CBCテレビ」の公式チャンネルから。このテレビ局のアナウンサーさんが、奥様の運転する車で仕事場へ向かっていると、逆走車に遭遇した!という映像です。
突然逆走してきた高級乗用車 あわや正面衝突“恐怖の瞬間” 高齢男性が運転か 車は逆走続けて走り去る (21/10/19 16:45)


だめだこりゃ

動画解説欄によると、
名古屋市内の道路で前方から逆走してくる車が!あわや正面衝突という恐怖の瞬間、一部始終をドライブレコーダーが捉えていました。

 10月12日の午後2時半ごろ、名古屋市内に住む夫婦が守山区の片側二車線の道路を乗用車で走っていたところ、右折レーンから突然、逆走してきた高級乗用車が!

 ギリギリのところで逆走車は急停止。あわや正面衝突、大惨事を免れました。

 片側2車線。逃げ場のない状況で迫って来た逆走車。まさに、九死に一生…。

 実は、助手席に乗っていたのは、CBCの塩見啓一アナウンサー。妻が運転する車で仕事先に向かう途中でした。

 驚いた2人は一旦、車をバックさせます、ところが再び、向かってきた逆走車。

 逆走車は結局、三度に渡って迫ってきます。いったい、なぜ?

 塩見アナウンサーは、運転手と話をするため車外に出ました。運転席には高齢の男性が乗っていたということです。

 そして、更なる危険回避のため、妻が運転する車を路肩に停めようと誘導する塩見アナウンサー。

 その時、ドライブレコーダーには現場に停止していた逆走車が現場から走り去る瞬間が。

 なんということでしょう!

 「車は100メートル程、逆走を続け、そのまま曲がって走り去ったということです」(新宅加奈子記者レポート)

 塩見アナウンサーに当時を振り返ってもらうと…

 「パッと見たら(前から)車がやってきて。逃げられませんという状態の中で、止まってくれません、どうしましょう。ギリギリのところで、(逆走車の)ブレーキがかかった。(運転していたのは)高齢者の男性。表情が、あまりなくて。パニックになっているとか、どうしようという感じではなく、ただ無表情」 (塩見啓一アナウンサー)

 塩見アナウンサーは、警察に“この動画”を提供。

 守山署管内ではこの日、逆走による事故は確認されていないということで、警察は道路交通法違反の疑いで詳しく調べています。
とのこと。逆走車はレクサス? 自動ブレーキが利いて止まった感がありますね。逆にこのような安全機構が無い車だったら正面衝突していた可能性大だな・・・。警察が既に調査に入っているようなので、早く逆走爺を確保して事情を聴いて欲しいですなー。