hyookori
FNNプライムオンラインから。ことし7月にドライブレコーダーのリアカメラがとらえた、不可解な行動をする車の映像です。
自動車で“ひょっこり運転” 信号待ちも車間ギリギリ


2代目ひょっこりはん

2代目とはいっても、初代はお笑いのひっこりはんではなく、この映像内にも出てくるチャリのひょっこりはんこと成島被告のことだ~。あっちはチャリでこっちは車だ~。

動画解説欄には、
対向車線を走る車に、わざとぶつかろうとする車。
あわや大事故につながりかねない悪質な運転を、カメラが捉えていた。

片側1車線の直線道路。
後ろから1台の黒い車が迫ってきたかと思うと、なぜか対向車線へハンドルを切った。

もとの車線に戻ったかと思うと、再び対向車線に。

車とすれ違うたびに、センターラインをはみ出す黒い車。

対向車線を走る車に、ギリギリまで接近していた。

黒い車は、わずか2分間に、あわせて6台の車に対して危険な運転を繰り返していた。

一体、何の目的があったのか。

このドライブレコーダーの映像は、2020年7月23日、鹿児島・霧島市の国道で記録されたもの。

映像を記録した車の男性は、当時のことを「蛇行運転しているのは気付いたが、後ろで、とんでもない運転をしている人がいるんだなという驚きでした」、「こんなわざと“ひょっこり”するような運転は初めて見た」などと振り返る。

その後、赤信号で停止していると、黒い車が接近し、不可解な行為に出る。

ギリギリのところまで、車間距離を詰めてきた。

映像を撮影した男性「信号で止まって、すごく近い距離までつめてきて、信号待ちですね。信号待ちしている最中にニヤニヤ笑っているんですよね。ちょっと本当に不気味でしたね」

対向車線の車に対して何度も繰り返された、いわゆる“ひょっこり運転”。

このひょっこり運転をめぐっては、逮捕者も出ている。

埼玉県内の路上で、対向車線を走る車の前に、自転車でひょっこり飛び出す男。

危険な行為を繰り返した罪で、成島明彦被告(33)が起訴されている。

今回の危険な行為については、どんな罪に問われる可能性があるのか。

交通トラブルにくわしい弁護士法人・響の坂口香澄弁護士は、「妨害運転罪にあたる可能性が非常に高い。法定刑は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金です。行政罰として免許の取り消しが規定されています」と話す。

今回のような交通トラブルの相談件数は、ここ最近、増えているという。

もし、こうした危険運転に遭遇した場合、どう対処すべきなのか。

弁護士法人・響 坂口弁護士「ご自身の安全を確保することが一番。避難するといいますか、あまり関わらないことが大切。余裕があるときはドライブレコーダーを警察に提出する、同乗者に撮影してもらって通報するのを考えていただく」
とありました。

う~んこの行為は一体何が目的なんだろうか。相手側がビックリするのが見たいとか???理解不能です。

いずれにしてもこんな異常者を世に放ってはいけない気がします。ナンバーも顔も割れているだろうしタイーホはよ。