jijicar
FNNプライムオンラインから。神奈川県相模原市にある防犯カメラが、歩道を走る白い軽乗用車をとらえました。一体何故!?
79歳運転の車が歩道走る 「道に迷った 出られなかった」 家族の説得で免許は返納


2周目突入ヤバ

動画解説欄によると
神奈川・相模原市にある防犯カメラがとらえたのは、歩道を走る白い軽乗用車。
車道に出ることなく、当たり前のように歩道を走行していることがわかる。

その最中には、走る自転車とすれ違い、ひやりとする場面もあった。

この車を運転していたのは、79歳の高齢ドライバーだった。

男性が運転する車は、マンションの敷地を出たあと、車道には出ず、歩道を走行したという。

なぜ、車道に戻らなかったのか。

79歳男性「道に迷った。途中で車道だと気がついたが、ガードパイプがあり、出られなかった」

あらためて防犯カメラ映像を確認する。

たしかに、交差点のあたりにはガードパイプがある。

さらに、車は一度画面から消えるが、およそ4分後に、画面左から再び現れ、同じように歩道を走行していた。
歩道をぐるりと回ってきた様子。

車が走行していた歩道は、狭くなっている部分もあり、歩行者とぶつかる危険性もあったという。

日ごろから、この歩道を行き来している人は「危険ですよね。ここ歩道ですからね」、「驚きますよね。びっくりする」、「信じられないです。ここを走ること自体」などと話した。

けが人などは出ていないが、男性は、違反切符を交付され、反則金を納付。
10月6日、家族に説得され、運転免許を自主返納したという。

運転免許の自主返納は、2019年の1年間で、60万1,022件。

前の年よりも18万件近く増え、75歳以上が半数以上を占めている。

警察は、高齢ドライバーに対し、「運転に不安を感じたら、まずは相談してほしい」と呼びかけている。
とありました。

この高齢ドライバーさん、歩道と車道の区別がついていないので完全アウトでしょう。この件で免許は返上したようですが、家族からの説得が無いと返上もしなかったんだろうなあ。

怖いのは免許返上したことを理解できていなかったり、痴呆で忘れていたりで、再度車を運転しちゃうご老人もいること。可能であれば車も処分したほうが良いと思います。免許返納後、キーだけ隠しておいたら、「はよ車のキーよこせや!」と激怒しちゃう痴呆老人もいると聞いたことがあります。